松尾特許事務所

お問い合わせ
出願依頼から登録まで
松尾特許事務所 | 地財コラム
■ 特許出願をすることの効用、効果 ■
1.特許出願とは?
開発をした場合に開発者(会社)のとるべき道は2つあります。
 A.まずなにが何でも特許権をとって他人の模倣を抑制し、経済的利益を確保すること。
 B.特許出願も何もしないで、世の中に模倣品も含めた自分の開発品があふれて世の人々が感謝することに生きがいを感じること。

 このA案、B案どちらを皆さんはとりますか?

2.一般に開発費用をかけて試行錯誤しながらやっとの思いで開発した技術だとの思いがあれば、通常A案でしょう。当然のことです。
 しかし、このような知的産物は他人に実施許諾もできるわけですから、市場のニーズにあったマーケットコントロール(量、値段、品質、エリア等)ができます。
 つまり、A案の方が高品質の製品をニーズに合わせて世の中に普及できると考えられています。
 仮に、B案ですと玉石混淆の新製品が世にあふれて値段競争となり機能も上がらず、ついには消費者に顔を背けられることになります。
 正しい流通秩序で品質、値段の管理された製品こそ消費者に喜ばれて普及するものです。

3.特許出願をすることは開発者にこのような社会的使命を全うする機会をつくることでもあります。
 開発をしたらまずは専門家の弁理士にご相談されて、開発技術の価値評価も含めて特許出願の是否を検討されることをお勧めします。

[4] 08月04日 11時06分
■ 商標権によるブランド保護 ■
ブランド、すなわち商標とは、長年使えば使う程、ブランドに信用が蓄積して商品を買って試さなくても品質を信頼できます。

そうすると、そのブランドをちょっと借用して勝手に使わせて貰う人は、何の苦労もなく「他人の長年かかった信用」を利用できます。即ち、そのブランドを使うだけで商品が売れていきます。これを防ぐには、商標権を予め取っておく必要があります。

商標権を取るには出願という手続が要ります。その前に、そのブランドが先に登録されていないか否かの調査をします。
調査の結果、先登録があってもすぐに諦める必要はありません。登録された商標でも3年以上使用されていないと取り消して自分が改めて商標登録できます。これを不使用取消審判と言います。

不幸にも、先登録があり、現実に使用もされていますと、上記の取消もできません。
その時は、その商標を「もじって」下さい。商標のイメージは壊さないで、別の「似て非なる」商標にすればよいのです。
「もじった」商標の例として、『ガーラ』がダメなら『エルガーラ』(エルはLに通じ、Largeの頭文字として大きなイメージで)とする。
『キューブ』がダメなら『インキューブ』(インはinに通じ、客の入りをイメージ)とする。
いかがでしょうか?

皆様がブランドの商標登録をお考えになる時の参考になれば幸いです。

[3] 07月04日 16時45分
■ 意匠の威力 ■
1.意匠とは、デザイン(物の形や模様など)のことです。
 特許権と同様にデザインについて意匠権という知的財産権が取れます。

2.しかし、デザインでも特に「美感」を感じるようなものでなければ特許庁では意匠権を認めていません。
 問題は「美感」とは?
 現在の意匠における「美感」とは、従来にない変わった形や模様をした物品について美感ありとしているようです。

3.特に、工業デザイン(industrial design)と言われる工業製品については、見た目で「美感」とは言わないような形です。
 トラクタの全体形状、コンクリートブロックの形状、お菓子の形状、建設用の各種金具など。

4.このように、物の外形に変更を施した時には、意匠権の対象になるかどうか検討してみる必要があります。変更した形状で意匠権が取れます。
 現在の意匠登録の可能性は80%以上あると思われて結構です(弊所取扱いの実績)。

5.意匠で特に気をつけたいことは、いわゆる形状や模様のモチーフのみを単独で意匠登録できないことです。 必ず「物品」としての形や模様です。
 従いまして、出願をする時には、必ず物品の名称(例えばトラクタ、排水用ブロック、お菓子、足場緊締用金具など)を特定して願書に記載することになっています。

 ぜひ意匠権をとる戦略を立ててください。

 少々の形状変更は意匠権の範囲に含まれますから、権利としての威力は充分にあります。

[2] 02月26日 10時51分
■ 早期審査制度 ■
image 新規製品開発に伴い、製品PRをする前に特許出願を完了させたものの、特許権を取得できるのは、審査請求してから数年後であるのが現状です。

審査請求した翌日に審査が着手されるのが理想的ですが、審査官の人数が少ないなどの様々な理由から、審査着手までには相当の時間がかかってしまいます。
実際のところ、審査請求してから審査が着手されるまでの審査順番待ち期間は、平均2年2ヶ月だそうです。

そこで、特許権の早期取得を希望する出願人のために、早期審査制度が設けられています。
早期審査制度は、一定の条件を満たす出願について手続きをすることにより、他の出願よりも先に審査をしてもらう制度です。早期審査制度を利用した審査順番待ち期間は、2〜3ヶ月に短縮されます。

早期に審査してもらうための出願の条件は、以下のとおりです。
【1】出願人が中小企業又は個人であるもの
【2】出願人又はそれらの実施許諾を受けた者が、その発明を実施しているもの
  (例:製品を実際に製造販売している場合)
【3】日本国特許庁以外の特許庁又は政府間機関へも出願している特許出願、又は国際出願している特許出願であるもの
【4】出願人が大学、短期大学、高等専門学校、公的研究機関、承認もしくは認定を受けた技術移転機関(承認TLO又は認定TLO)であるもの

また、早期に審査してもらうためには、「早期審査に関する事情説明書」を提出する必要があります。
この事情説明書には、早期審査をしてもらうための理由を記載します。
また、先行技術文献を記載する必要もありますが、先行技術調査を行う必要はなく、知っている文献を記載すれば足ります。

特許庁へ納付する手数料は無料です。
(特許事務所にて事情説明書を作成する場合は、作成費用がかかります。)
したがって、この制度を利用することにより、出願及び審査請求してから、早くて約3ヶ月で特許権が付与されることになります。
同様に、商標登録出願、意匠登録手段にも早期審査制度があります。

詳しくは、特許庁HPにてご確認下さい。

[1] 01月27日 19時03分
 [1]  [2]